Archive for the ‘イベント’ Category

【総会&公開勉強会】「国際自動車事件ー最高裁勝利判決までの8年間のたたかい秘話」開催のお知らせ

2020-05-02

2020年5月27日開催!

2020年3月30日、最高裁判所第一小法廷は、国際自動車に勤務 するタクシー労働者の、歩合給賃金制度について、残業代が増えると歩合給が 連動して減る賃金制度は、労働基準法第37条の時間外労働における割増 賃金の支払いを義務付ける割増賃金の制度趣旨に反する、として、審理を東 京高裁に差し戻す判決を下しました。

一審の東京地方裁判所での勝訴、控訴審東京高等裁判所での逆転敗訴、 今回の上告審最高裁判所での再逆転判決まで、約8年の年月をようしました。

この事件の主任代理人弁護士として訴訟に取り組んだ指宿昭一弁護士 (60期)は、何度も投げ出したくなるほど苦労を重ねてきたそうです。

今回の勉強会では、この事件の法律上の争点にとどまらず、集団訴訟を遂 行する上での苦労(依頼者集団との団結の維持継続や支援団体、法律研 究者らをはじめ弁護団外部の人たちとの協力関係の作り方や教訓、また財政 的な活動)などについて、お話いただきます。まさに、人権活動と経営活 動をどう両立するかを希求するベンラボならではの企画であり、ご期待ください。

※本セミナーはZOOMを使用してのオンライン開催です。
(弁護士法人パートナーズ法律事務所でも視聴できます。)

講師プロフィール


指宿 昭一 弁護士 (暁法律事務所 所長弁護士、ベンラボ副代表理事、交渉アナリスト

労働事件(労働者側)・外国人事件(入管事件)に専門化した弁護士業務を行っている。外国人研修生の労働者性を初めて認めた三和サービス事件地裁・高裁判決、精神疾患に罹患した労働者の解雇を無効とした日本ヒューレット・パッカード事件最高裁判決、タクシー労働者の残業代を実質的に支払わない歩合給制度を違法とした国際自動車事件地裁・高裁判決などを勝ち取っている。

 

 

◆参加・視聴方法 : Zoomを使って配信しますので、オンライン参加可能です。
※弁護士法人パートナーズ法律事務所での視聴も可能です。
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg

◆日 時 : 2020年5月27日(水)19:00~20:30
※終了後の懇親会もZoomで行います

◆参加対象者: 弁護士、司法修習生、ロースクール生、その他

◆参加費 :
ベンラボ会員・司法修習生・ロースクール生・学生:無料
非会員:5,000円【同時入会の場合無料】
※ベンラボ年会費は10,000円(同一事務所2人目以降5,000円)
↓ご入会お申し込みフォームはコチラ↓
https://www.benlabo.org/recruitment/

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
一般社団法人弁護士業務研究所 2020年年次総会

勉強会に先立ち、年次の定例総会を開催しますので、ベンラボ会員の皆様には、こちらにもご参加いただきますようお願いいたします。

◆日 時:2020年5月27日(水) 18:00~18:30
※年次総会もZoomを使用してのオンライン開催です。
※欠席される会員の方は、お手数ですが、委任状のご提出をお願いいたします。
(委任状詳細については、別途、会員の皆様にご連絡させていただきます。)
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
※パートナーズ法律事務所でご視聴される場合は、お申し込みフォーム備考欄もしくは【info@benlabo.org】宛メールで事前連絡のうえ、お越しいただけるようお願いいたします。

※スムーズな確認のため、司法修習生・ロースクール生・学生の方はお申し込み時に備考欄等に記載いただけると幸いです。

○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org (ベンラボ事務局:西山)

【Benlabo分科会】「法的交渉勉強会」開催のお知らせ

2020-05-02

ベンラボ会員のみなさま

 法的交渉勉強会のご案内です。

 これは、月1回の定例会とは別に、小人数で、朝9時30分から、ZOOMで行うというものです。

 ぜひ、ご参加ください。申込フォームがありますので、申し込みをお願いします。

 第1回は、5月26日(火)9:30-11:30です。

 「ケース別 法的交渉の実務」(青林書院)を用意してください。予習は不要です。 

ベンラボ 副理事長 指宿 昭一

お申し込みはこちらから

近時、「ケース別 法的交渉の実務」(青林書院)という書籍が出版され、今般、ベンラボではこの書籍を素材とした勉強会を開催することにしました。

本書は、弁護士はじめ法律実務家が関わることの多い取引や紛争事例を題材として、交渉学・交渉論をどのように生かせばよいかという観点で書かれた実践的な書籍です。

これまでベンラボでは交渉学や交渉論に関するセミナーを開催してきましたが、我々弁護士は、それを日々の法的交渉の中で生かしていくスキルを身につけなければなりません。

その意味で本書は、弁護士が携わる各種交渉・紛争事例をケースにしており、他の本ではなかなか見られない要素やエッセンスが盛り込まれています。

(ケース例)

契約締結・解消、M&A、債権回収、建物明渡、賃料増減、システム開発、商標登録、フランチャイズ、会社支配権、詐欺被害、事業承継、労働組合、適格消費者団体、環境紛争、個人情報など。

もっとも、本書籍を各人が素読しても浅い読みで終わってしまう可能性が高く、それよりも弁護士同士が読みあい検討することで理解が深まり、かつ、多くの気づきや互いの経験・知見のシェアができる効果が期待できると考えました。

毎回、ケースを2例ずつほど取り上げ、継続的に取り組んでいきます。
その場で「本書を読み」「気づきを述べ」「知見をシェアする」そんなやり方で進めていきます。予習は不要です。
ぜひご関心ある皆様の参加をお待ちしています。

◆ファシリテーター

波戸岡光太、指宿昭一、向展弘

◆参加対象者

弁護士

◆参加費

無料

◆開催方法

ZOOM

◆用意するもの

書籍「ケース別 法的交渉の実務(青林書院)」

◆日時

2020年5月26日(火)〜2021年2月24日(水)(いずれも9:30~11:30)

【5月26日(火)】

オリエンテーション
事例1:継続的契約の締結交渉

【6月30日(火)】

事例2:紛争 契約の締結
事例3:継続的契約の解消に伴う紛争

【7月28日(火)】

事例4:M&Aにおける法的交渉
事例5:債権回収交渉

【8月25日(火)】

事例6:不動産関係の交渉(建物明け渡し)
事例7:普通建物賃貸借契約における賃料増減額交渉

【9月30日(水)】

事例8:システム開発紛争の交渉(ユーザー側)
事例9:商標登録に関する交渉

【10月28日(水)】

事例10:フランチャイズ契約にまつわる交渉
事例11:会社支配権に関する問題の交渉

【11月25日(水)】

事例12:中小企業によるクレジット利用の詐欺被害をめぐる交渉
事例13:事業承継に関する問題の交渉

【12月23日(水)】

事例14:合同組合との交渉
事例15:適格消費者団体による差止請求

【1月27日(水)】

事例16:環境紛争における法的交渉
事例17:個人情報をめぐる法的交渉

【2月24日(水)】

事例18:紛争解決交渉における租税公課への配慮について
事例19:調剤薬局開業・運営の法的交渉

場所 特設ZOOM会議室
参加者の方にのみ、”前日”にZOOMアドレス(URL)を送信します
参加費 無料
定員 10 名
お問い合わせ先 向 展弘
お問い合わせ先電話番号 07013840119
お問い合わせ先メールアドレス info.mastership@gmail.com

お申し込みはこちらから

※緊急企画※【公開勉強会】「コロナ不況から中小企業を救済するための破産手続きのテクニック」開催のお知らせ

2020-04-29

2020年5月7日緊急開催!

コロナウィルス感染の拡大、事業活動の自粛により中小企業・事業者の中には、資金的見通しがつかずに経営破たんするところが、来月以降増大するのではないか、と予測しています。この間の営業自粛までまだ健全経営であった企業は、全力で生き残りの策を探るべきですが、他方で元々リスケジュール中で経営改善の見通しが厳しかったところなどは緊急金融支援策である融資や保証協会保証が難しく破産手続という選択もやむを得ないというケースがあります。

破産というと禁句、一生の終わりというイメージがありますが、破産制度の一つの目的は「債務者の経済生活の再生の機会の確保」にあります。私は、申立代理人として25年間、破産管財人として20年間、破産手続の実務に携わってきました。今の裁判所のマニュアル的な破産処理には疑問があり、裁判所や破産管財人とは否認権訴訟などで結構激しくやりあってきたこともあり、数年前から管財人の打診は来なくなりました。破産法ギリギリのところで、債務者・経営者の利益・再生を守る立場で業務を行ってきました。

破産法は、うまく利用すれば、経営者を救済することもできます。私も、別会社や協力会社を使って、在庫や営業を譲渡し、経営者の事業や労働者の雇用を守りつつ、不採算部門を破産させてきた経験がいくつもあります。そのような経験を生かして、破産手続をうまく利用して、無駄な金融機関への返済や税金・社会保険料の支払いをチャラにして、強みと機会を最大限に生かした再生をどうしたら図れるか、についてノウハウをお伝え出来る機会があればと思っています。

裁判所の運用もコロナ倒産で大きく変わるし、変えなければならないと考えており、その原動力は、苦境に苦しむ経営者でありその代弁者である弁護士・弁護士会であると考えます。

ベンラボでは、これから増大するであろう法人破産申立て向け、実務に精通した弁護士を育成すべく、緊急企画を持つことにしました。経営者の相談に日々対応されている他士業の方々の参加も歓迎します。

※Zoomを使用してのオンライン開催です

講師プロフィール

原 和良 弁護士

弁護士法人パートナーズ法律事務所所長
(ベンラボ代表理事)

1963年佐賀県生まれ。早稲田大学法学部卒。司法研修所47期。
1995年弁護士登録(東京弁護士会)。
2007年2月パートナーズ法律事務所設立。
2012年1月弁護士法人パートナーズ法律事務所設立。
労働事件(労働者側)、公害事件、ちかんえん罪事件などを手がける。
東京高裁で逆転無罪判決をとり、映画「それでもぼくはやっていない」のモデル事件の一つとなったちかんえん罪事件の弁護人。現在は、中小企業の法律・経営問題、海外進出の援助、若手弁護士の指導・育成などに力を注ぐ。

【所属団体等】
日本ペンクラブ会員。東京中小企業家同友会理事。福島県中小企業家同友会会員。
人を大切にする経営学会会員。一般社団法人弁護士業務研究所代表理事。
青年法律家協会弁護士学者合同部会議長。
司法修習生給費制廃止違憲訴訟東京弁護団長。福島原発事故津島被害者弁護団共同代表。

◆開催方法 : Zoomを使用してのオンライン開催です。

◆日 時 : 2020年5月7日(木)17:00~19:00
※いつもとは異なる開催曜日・時間帯ですのでご注意ください。

◆参加対象者: 弁護士、司法修習生、ロースクール生、その他

◆参加費 :
ベンラボ会員・司法修習生・ロースクール生・学生:無料
非会員:5,000円【同時入会の場合無料】
※ベンラボ年会費は10,000円(同一事務所2人目以降5,000円)
↓ご入会お申し込みフォームはコチラ↓
https://www.benlabo.org/recruitment/

○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
※開催前日(5月6日)18時までのお申し込みをお願いいたします。
お申し込みの方に、Zoom参加用URLをお送りします。
※スムーズな確認のため、司法修習生・ロースクール生・学生の方はお申し込み時に備考欄等に記載いただけると幸いです。

○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org (ベンラボ事務局:西山)

【公開勉強会】「緊急事態宣言!弁護士が今 知っておくべきテレワークの基本」開催のお知らせ

2020-04-09

2020年4月22日開催!

年明けから世間を騒がせ続けているコロナウイルス。4/7、総理の会見が行われ、緊急事態宣言の発表がありました。
この発表を踏まえ、翌4/8から7都府県に対し、昼夜問わず、通勤・通学を含む移動の自粛要請がなされています。

移動の自粛を考えると、テレワークに取り組むべきですが、なかなか踏み切れずにいる、というお話も伺います。皆様、このようなお悩みを抱えてはいないでしょうか?


・テレビ会議を使ってみたいが、何を使えばよいかわからない

・事務所の共有フォルダをオンライン化したいが、何を使えばよいかわからない
・事務所にかかってくる電話の電話番が必要で、事務局には出勤してもらわないと困る
・事務所にFAXが届いてしまうので、確認のための出勤が必要
・資料はメールにしてもらったが、どうしても封書で郵送しないといけないものがある
・契約書の受け渡しに外出が発生してしまう

これらのほとんどは、既に解決可能です。

今回は、他業界で取り入れているテレワークの方法論をベースに、「ここがネット経由でできたら便利なのに!」というかゆいところに手が届く情報をご紹介してまいります。

また、本セミナーはZOOM開催。オンラインで参加可能です。

弁護士法人パートナーズ法律事務所でも視聴できます。

講師プロフィール

桂 正典(株式会社ゼウス 代表取締役)

ベンラボITサポーター。
大手通信事業者における顧客管理システムの要件定義、設計、運用などを経て、2010年に起業。
2013年からミャンマーへ進出、翌年には現地法人を設立し、ITの教育及びオフショア開発を手がける。
2016年1月、ハワイで実施されたPTC’16(総務省支援イベント)において、日本のベンチャー企業代表として登壇。
2019年、発展途上国における人材育成事業において、日本ITU協会奨励賞受賞。同年、ハンガリーにおいて総務省支援のもと、国連下部組織主催のイベント、ITUテレコムワールドに登壇。
WEBシステム全般に対する豊富な知識と、経産省管轄の補助金を活用した、中小企業活性化に関わる様々なプロジェクトに取り組んだ経験をもつ。

◆参加・視聴方法 : Zoomを使って配信しますので、オンライン参加可能です。
※弁護士法人パートナーズ法律事務所での視聴も可能です。
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg

◆日 時 : 2020年4月22日(水)18:30~20:30
※終了後の懇親会はありません

◆参加対象者: 弁護士、司法修習生、ロースクール生、その他

◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円【同時入会の場合無料】
※ベンラボ年会費は10,000円(同一事務所2人目以降5,000円)
↓ご入会お申し込みフォームはコチラ↓
https://www.benlabo.org/recruitment/

○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
※パートナーズ法律事務所でご視聴される場合は、お申し込みフォーム備考欄もしくは【info@benlabo.org】宛メールで事前連絡のうえ、お越しいただけるようお願いいたします。

○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org (ベンラボ事務局:西山)

【合宿勉強会】「事務所経営を考える・経営力を磨く!!人権擁護と経営の両立を考える全国法律事務所交流会合宿(@名古屋)」開催のお知らせ

2020-02-16

2020年3月28日(土)~29日(日)開催→延期いたします

***(3月27日追記)***

 この数日のコロナウイルス感染をめぐる国や東京都等の地方自治体の要請、マスコミ報道を受けて参加者や関連団体からも、中止(延期)やWEB会議への切り替え等のご意見を多数いただきました。
 リスクをゼロにすることはできない中で、辛うじて明日からの合宿はコロナ不況も議題にして何とか開催できないかと関係者と協議を重ねてきましたが、結論として今回は延期という結論に至りました。
 WEB会議というのも検討しましたが、経営問題というナイーブな内容であり、顔ぶれを実際に見ながら発言を選ぶということになること、長時間の会議であること、から通常の勉強会とは性質を異にするため、今回は延期という選択をしました。
週明けには、更なるクラスター感染者、経路不明の感染者が激増することが予想され、東京をはじめ大都市では都市封鎖が現実的になってきます。
 それぞれの法律事務所がどう対応するかが重要となってきます。
 今後の日程については、状況を見ながら改めてご連絡を差し上げます。
 ご連絡が直前になり、皆様には多大なご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

******

 

概要

ベンラボでは、全国の法律事務所、弁護士の皆さんと弁護士業界を取り巻く現在の厳しい経営環境のもとで、どうやって他の事務所の弁護士が、経営と人権活動の両立に取り組んでいるか、また、両立を実現するためのそれぞれの地域、事務所、自分の課題は何か、を議論し、業務や活動のあり方について、情報を共有し、実践を交流する場として、全国合宿を行うことになりました。

基調報告は、愛知弁護士会ご所属の

 

●長谷川 一裕 弁護士(名古屋北法律事務所

●荒川 和美 弁護士(弁護士法人リブレ

 

にお願いできる運びとなりました。
また、各ご参加者の方からのご報告や討議の時間も設けています。

今回は、名古屋での開催であり、東海・関西地方の弁護士のみなさんの積極的な参加をお待ちしています。

*宿泊が必要な方は、各自でご対応ください。

 

◆場 所 :名古屋第一法律事務所

名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル5階

電話:052-211-2236 FAX052-211-2237

名古屋第一法律事務所ホームページ http://daiichi-law.gr.jp/

 

◆日 時 : 2020年 3月28日(土) 13:30 ~ 29日(日) 12:00

※1日目終了後に懇親会があります

※新型コロナウイルス関連の状況を受け、開催を延期いたします。今後の日程につきましては、状況をみながら改めてご案内いたします。

◆参加対象者: 弁護士

 

◆参加費 : 無料

 

◆懇親会・宿泊費 : 各自実費負担

 

 

 

○お問合せ
⇒メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒TEL:03-5911-3216

 

【公開勉強会】「タイムマネジメントはもう古い?業務時間を8割削減するために一般企業が行っているIT化の最前線」開催のお知らせ

2020-01-27

2020年2月26日開催→6月24日に延期

「AIで弁護士の仕事が奪われる」
こんな話が出てから早5年以上が経ちますが、まだまだそのような世界が訪れるのは時間がかかりそうです。
しかしながら、技術の進歩は目覚ましく、他業界ではITを用いた劇的な効率化、自動化が進んでいます。
RPA/マーケティングオートメーション/インサイドセールス/人工知能/APIエコノミー/ウェアラブルデバイスの業務活用・・・など、たくさんの技術やそこから派生する方法論が産まれ、業務時間の劇的な改善に繋がっている事例が多々あります。
そこで、今回は他業界の事例を中心に、ITによる業務効率化の最前線をお伝えします。
当然、他業界の事例なので、2020年2月現在の時点では、まだ弁護士業界では突飛に感じる話もあるかと思います。
ただ、そこで「自分には関係ない」と考えるのは勿体ないことです。
iPadを携帯する弁護士や、ChatWorkでコミュニケーションをとる弁護士が増えたように、一般企業に普及しているIT化の波は、いつか弁護士業界にもやってきます。そして、すぐにそれは当たり前のものとなってしまいます。
日々の業務を楽にするためにも、法曹界の未来を考える為にも、価値のある時間となるはずです。万障お繰り合わせの上、是非ご参加ください。

講師プロフィール

桂正典

桂 正典(株式会社ゼウス 代表取締役)

ベンラボITサポーター。2016年1月、ハワイで実施されたPTC’16(総務省支援イベント)において、日本のベンチャー企業代表として登壇。
経産省管轄の補助金を活用した、中小企業活性化に関わる様々なプロジェクトに取り組んだ経験をもつ。

◆場 所 : 弁護士法人パートナーズ法律事務所
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg

◆日 時 : 2020年2月26日(水)18:30~20:30
↓下記日程に延期・振替いたします↓
2020年6月24日(水)18:30~20:30
※終了後に懇親会があります

◆参加対象者: 弁護士、司法修習生

◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円
※ベンラボ年会費は10,000円
※懇親会費は別途約2,000円

○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975

○お問合せ
⇒メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒TEL:03-5911-3216

【公開勉強会 新人弁護士歓迎企画】
改定「弁護士研修ノート」新人・若手弁護士の成長のための心構え~社会性・スキル・人間性の3つのゴールデンルール 開催のお知らせ

2019-11-03

2020年1月22日(水)開催決定!

概要

新規弁護士登録をされた新人弁護士、経験年数の少ない若手弁護士向けに、弁護士として成長するための心構えについてお話します。弁護士として成長するには、社会性・スキル・人間性の3つが必要で、どれが欠けても安定的な成長はできません。  8月に改訂された「弁護士研修ノート」を参考にしながら、本では触れていないゴールデンルールについてお話しします。

 

講師


原 和良 弁護士 (弁護士法人パートナーズ法律事務所 代表弁護士

 

◆日 時 : 2020年1月22日(水)18:30~20:30
※終了後に懇親会があります

 

◆場 所 : 弁護士法人パートナーズ法律事務所
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg

 

◆参加対象者 : 弁護士、司法修習生、ロースクール生、その他

 

◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円 (初めての方と司法修習生は無料ご招待)
※ベンラボ年会費は10,000円
※懇親会費は別途(各自実費:目安2,000円)

 

○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒ TEL:03-5911-3216

【公開勉強会&忘年会】「ここでしか聞けない!! 若手弁護士の事務所経営&事業活動の経験報告会&忘年会 」開催のお知らせ

2019-11-03

2019年12月25日(水)開催決定!

概要

若手弁護士のみんなは、どうやって、事務所経営を成り立たせているのだろう?何で悩んでいるんだろう?さらに大きく成長するための現在の課題は何か?様々なタイプの若手弁護士に、事務所経営や弁護士の事業活動の現状と課題について報告してもらいます。ベンラボならでは、他では聞けないお話を聞き、自分の事務所経営や事業活動の参考にすることができます。


 今回は、経営上のシビアな話も出るため、学生や司法修習生(72期の弁護士登録予定者は可)はご遠慮いただきます。


報告者


1. 石井一禎 弁護士(68期) 北千住法律事務所



2. 鮫島千尋 弁護士(67期) 鮫島法律事務所



3. 小林芽未 弁護士(69期) S&M法律事務所



4. 磯部たな 弁護士(67期) 弁護士法人パートナーズ法律事務所





◆日 時 : 2019年12月25日(水)18:30~20:30
※終了後に懇親会・クリスマスケーキがあります


◆場 所 : 弁護士法人パートナーズ法律事務所
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg


◆参加対象者 : 弁護士、(司法修習生:72期の弁護士登録予定者のみ可)


◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円(初めての方と司法修習生は無料ご招待)
※ベンラボ年会費は10,000円
※懇親会費は別途(各自実費:目安2,000円)


○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒ TEL:03-5911-3216

【公開勉強会】「弁護士として顧客を獲得するための心構え!~ジェネラリストかスペシャリストか?」開催のお知らせ

2019-11-03

2019年11月27日(水)開催決定!

概要

現在、弁護士80名ほどを抱える弁護士法人の代表社員弁護士。ジェネラリストかスペシャリストか、という質問が修習生や若い弁護士から寄せられます。ジェネラリストから出発し、その体験を生かし大規模事務所を築き上げた経験、大学院で医学と経営学を学び、医療過誤事件のスペシャリストとなり、また経営のスペシャリストとなった先生の立場から、若い弁護士向けに伝えたいことをお話ししてもらう。


講師プロフィール


金崎 浩之 弁護士 (弁護士法人ALG&Associates 代表社員弁護士

暴走族の幹部となり、喧嘩、シンナー吸引、暴走行為で警察に何度も補導される。他校の番長と駅内で喧嘩をして高校2年の時に無期停学処分となり中退。定時制高校に通いながら卒業資格を取り、京都外国語大学へ入学。卒業後、フリーターをしながら司法試験を勉強し、合格。都内で勤務弁護士として、企業法務を手がける一方、東京弁護士会で少年事件や消費者問題等の委員会活動に従事。1999年8月から2002年5月まで、弁護士活動を中断し、世界を放浪する。





◆日 時 : 2019年11月27日(水)18:30~20:30
※終了後に懇親会があります


◆場 所 : 弁護士法人パートナーズ法律事務所
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg


◆参加対象者 : 弁護士、司法修習生


◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円 (初めての方と司法修習生は無料ご招待)
※ベンラボ年会費は10,000円
※懇親会費は別途(各自実費:目安2,000円)


○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒ TEL:03-5911-3216

【公開勉強会】「生産性を格段に上げる!交渉学Ⅲ 認知転換編 」開催のお知らせ

2019-10-09

2019年10月23日(水)開催決定!

概要

交渉は大きく分配型交渉と統合型交渉(win win交渉)とに分けられます。第1弾交渉学講座では分配型を、第2弾は統合型を取り上げましたが、今回の第3弾は「認知(=ものの見方)」に関する理解を深めます。認知が自在に転換できるようになると、事件解決を大きく前進させることが可能になります。
 今回は、実際の事件解決で活用することで、早く好条件で解決することができ、事件の滞留を解消し、働く時間とストレスを削減でき、そのうえ、キャッシュフローがよくなり、売上が上がったという実例をご紹介いたします。

講師プロフィール


指宿 昭一 弁護士 (ベンラボ副代表理事

労働事件(労働者側)・外国人事件(入管事件)に専門化した弁護士業務を行っている。外国人研修生の労働者性を初めて認めた三和サービス事件地裁・高裁判決、精神疾患に罹患した労働者の解雇を無効とした日本ヒューレット・パッカード事件最高裁判決、タクシー労働者の残業代を実質的に支払わない歩合給制度を違法とした国際自動車事件地裁・高裁判決などを勝ち取っている。





向 展弘 (ベンラボサポーター・経営コンサルタント

大手メーカーのコンサルティング部門、中堅コンサルタント会社を経て独立。コミュニケーションスキルを活かした人間関係調整を得意とする。私憤から弁護士業界に参入。経営学と心理学と哲学のハイブリッドによる「経営理念の立て方」で自律調和型組織を提唱する。行動指針は「競争よりも協創」。





◆日 時 : 2019年10月23日(水)18:30~20:30
※終了後に懇親会があります


◆場 所 : 弁護士法人パートナーズ法律事務所
東京都豊島区南大塚3-36-7 T&Tビル4階
http://p-law.jp/manage/wp-content/uploads/2016/04/map.jpg


◆参加対象者 : 弁護士、司法修習生


◆参加費 : ベンラボ会員無料、非会員5,000円 (初めての方と司法修習生は無料ご招待)
※ベンラボ年会費は10,000円
※懇親会費は別途(各自実費:目安2,000円)


○お申込み
⇒ FAX:03-5911-3217
⇒ フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/9e09443b170975
○お問合せ
⇒ メール:info@benlabo.org(ベンラボ事務局:西山)
⇒ TEL:03-5911-3216 « Older Entries

最新のお知らせ一覧

過去のお知らせ一覧

カテゴリー

Copyright(c) 2019 Benlabo All Rights Reserved.